オンラインカジノを始める為に

オンラインカジノを始める際に準備しよう

実際にオンラインカジノを始めるためには、いくつか準備をしなければならないものがあります。
初期投資が必要だとかそういったことはありませんが、基本的なものを用意しなければ始めることが出来ないので、準備をしておきましょう。

年齢制限を確認しておこう

オンラインカジノはギャンブルですので、パチンコで未成年が遊ぶことが出来ないのと同様に、年齢制限があります。
多いのが18歳が基準でそれ未満は遊ぶことが出来ませんが、ハウスによっては20歳以上と定められているところもあります。
これから始めるならば、利用規約をしっかりと読み、年齢制限も把握しておきましょう。

軍資金の用意が必要

オンラインカジノは、ギャンブルですので、やはりお金を賭けてこそその楽しみがあります。
どうせ勝つつもりだからという気持ちで始めたり、クレジットカードの支払いまでに回収すればいいという気持ちでやるのではなく、楽しめるだけの軍資金は準備しておきましょう。
大体日本円で十万円程度用意しておくと良いといわれています。

クレジットカードと、エコペイズのアカウント

オンラインカジノでチップを購入するにはクレジットカードが必要となりますので、出来るなら用意をしましょう。
銀行からの入金も出来ますが、やはりカードの方が便利です。

最近は、カード会社側がカジノへの出金を制限していて使えないケースがありますので、複数持っている場合には備えておくようにしましょう。
また、エコペイズというオンラインカジノの入出金を一括で管理することが出来る電子決済サービスがありますが、こちらのアカウントを作成しておきましょう。

ほとんどのカジノがエコペイズ、またはiwalletを採用していますので、口座を開設しておくと、後々長く遊べて便利です。

身分証明書とスキャナー、銀行口座の確認

オンラインカジノでは、お金をやりとりするため、定期的に身分証明書の提示を求められます
運転免許証や、場合によっては公共料金の明細書が必要となりますので、用意をしておきましょう。
英語の表記のオンラインカジノは、パスポートの方が通りやすいので、もっていればパスポートがおすすめです。

また、メールで提出する際にスキャナーは大変便利なので、用意しておきましょう。
高いものは必要ないので、1万円程度のものがあれば、いつでも使えて便利です。

その他に大手の銀行のインターネットバンキング口座も用意しましょう。すぐに残高確認が出来るので、非常に便利です。

オンラインカジノの登録から払い戻しまでには注意が必要

オンラインカジノを実際に始めるまでには、一連の流れがあります。
しかし、特に注意をしなければならない点がいくつかありますので、それを知っておきましょう。

一般的には、まずソフトのインストールを行い、その後アカウントの登録・開設が必要です。
そして、チップの購入や入金や払い戻しをするという流れになっています。

ソフトのインストールについて

遊びたいカジノが決まれば、公式ホームページからオンラインカジノのソフトをダウンロードをする必要があります。
その場合、デスクトップにダウンロードをする事が出来ます。
ダウンロードを完了させることが出来れば、デスクトップにアイコンが表示されます。
そしてインストーラを起動して、進めていけば問題なくダウンロードは完了します。

ダウンロードタイプ以外に、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノもあり、こちらのカジノはダウンロード不要でゲームをすぐに開始することが出来ます。
どちらでも好きな方を選びましょう。

アカウントの登録での注意点とは?

オンラインカジノではアカウントの登録が必要となり、個人情報を登録します。
基本的にはローマ字で入力するのですが、入力ミスがないようにしましょう。

また、住所などの不一致にも気を付けることが必要です。
もしも嘘を書いてしまったりすると、悪質なブラックリストとされてしまい、アカウントの凍結の恐れもありますので注意をしましょう。

チップの購入手段には何がある?

オンラインカジノでのチップの払い戻しですが、カジノにログインをして、バンク・キャッシャーを押して、入金や購入をセレクトします。
主に使える手段として、クレジットカード・エコペイズ・電信送金などがあります。
基本的には日本語化されている上に全てのカジノで使えるということもあり、エコペイズがおすすめです。

支払いの際の注意点とは?

払い戻しの場合には、バンクやキャッシャーで引き出しをクリックすることが必要となります。

払い戻しを行う手段についてですが、エコペイズや電信送金・小切手などがあります。
この中では、エコペイズがやはり主流です。
電信送金や小切手の場合、手数料がかかってしまいますし、海外からの送金となりますので、銀行から所得理由を聞かれてしまうことになります。

小切手の場合、発行から届くまでにも時間がかかりますし、換金も手間です。このため、現実的には、電子決済サービスの口座を作成するのが望ましいといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です